証券会社の選び方

「デイトレにおすすめのネット証券会社を比較する」のポイント



ネット証券口座を開設する前に、各ネット証券会社の比較を行いましょう。



証券会社によって取り扱っている株の種類や手数料、サービスが異なっているので、


事前にシッカリと比較をしておかないと、サービスの悪い証券会社で株式投資をしてしまう


事になります。特に初心者の頃はサポートが必要になってくるので、


サポート体制の整った証券会社を優先的に選ぶことをお勧めします。

 


「ネット証券会社を比較する」1.手数料

■ 売買ごとに必要となる売買委託手数料がいくらかかるのか?

■ 口座の開設費、管理費はいくらかかるのか?

■ 情報ツールの使用料はいくらかかるのか?


 


「ネット証券会社を比較する」2.サービス

■ IPO(新規公開株)の申し込みは可能か?

■ ミニ株、プチ株など小額投資のサービスはあるか?

■ 自動売買などの条件注文は可能か?

■ 電話対応など各種サポート体制はととのっているか?



ネット証券会社で代表的な楽天証券・SBI証券を比較


 


楽天証券

■ 30万人が利用する最強のトレードツール マーケットスピード

■ 国内株式手数料は145円?。業界屈指の格安手数料。

■ 株式や投資信託の取引でたまる楽天スーパーポイント。

■ 勉強会や各種セミナーも充実。


SBI証券

■ 国内株式が業界屈指の格安手数料で取引可能。

■ 米国株やFX、先物オプションなど幅広く取引可能。

■ IPOの個人割り当ては完全公正で70%。

■ 投資スタイルに応じて選べる2種類の手数料プラン。



他にもある!「ネット証券会社を比較する」のポイント


■投資商品に応じて比較

ネット証券の比較をする時は投資する商品を明確にしておきましょう。証券会社によって商品ごとの手数料が異なっています。


■キャンペーン情報の確認を忘れずに

手数料だけでなくキャンペーンも確認。一部、証券会社は頻繁に手数料の割引を行っています。頻繁にキャンペーンを実施する証券会社もあれば、あまりキャンペーンを行わない証券会社もあります。せっかくならキャンペーンを頻繁に行っている証券会社を選んだ方がお得ですよね。


■1日の取引回数も計算に入れよう

取引手数料を比較する時は、自分の取引スタイルを計算にいれましょう。1日に何十回も取引をするのか、それとも1日数回の取引なのか。これによってあなたにとってお得な証券会社が異なってきます。