債券の証券会社ランキング

安定運用を目指す上で、どうしても必要な債券の知識

 

一般的に債券というと国債とか県民債がありますが、外国の債券もあります。外国の債券の場合には為替リスク、為替手数料等も勘案しなければなりませんが

ここでは国内債ならどこの証券会社で購入するべきか?

という視点でランキングしています!


まず債券ってなに?方のために

債券は、国、地方公共団体、企業、または外国の政府や企業などが一時的に、広く一般の投資家からまとまった資金を調達することを目的として発行するものです。資金調達するために発行するという点では、株式と目的は同じですが、あらかじめ利率や満期日などが決められて発行される点がちがいます。債券を購入すると、定期的に利率分の利子を受け取ることができます。満期日を迎えると、額面金額である償還金を受け取ることができます。

上記のように債券は、満期日に額面金額が返金されることが約束されていますので、安全性の高い金融商品です。
よって利子収入を目的に資産運用をすることができます。


債券のメリット


メリット1 収益性


債券は、満期日まで一定の金利分の利子を支払うことを約束する証券です。通常、金利変動に関係なく利子を受け取ることができます。このことをインカムゲインといいます。


メリット2 安全性


債券は、満期日までの間に債券の価格が変動しても、満期日を迎えると額面金額が償還されます。また、発行者が償還や利子の支払いが確実におこなわれるように、債券発行においてさまざまな規定が設けられており、債券の償還の安全性を高めています。


メリット3 流動性


債券は、満期日をまたないで、途中で売却し換金することができます。ただし債券を売却するときの債券価格は、流通市場の状況により変動していきます。つまりそのときの金利情勢や債券の需給動向によって債券価格は上下していきます。そして債券は、売却する際に、その債券を購入したいという投資家の存在が不可欠です。一般に、信用力や知名度が高く、発行量が多く、たくさんの投資家に保有されている債券ほど流動性が高くなっています。


 

債券の証券会社ランキング


SBI証券

SBI債という大人気の国内債はSBI証券でしか購入できません!1年満期で1.66%と利率も高く、発行も3ヶ月に1回程度なので購入できるチャンスはあります!最近は1日で完売、そして抽選となっていますが、購入できるならしたい!と思える債券です。

 

野村證券

大手証券の一角・野村證券。野村證券は国内債の取扱いが豊富にあります!様々な商品がありますのでお気に入りの商品を探してみてはいかがでしょうか?

 

大和証券

大手証券の一角・大和証券。野村證券と肩を並べる大手証券です。債券の取扱いも豊富なので債券投資にはおすすめの証券会社です!

  • ネット証券No.1 300万口座突破! SBI証券 口座開設 ←こちらからの口座開設は仲介業者Fan経由となります。