投資信託の証券会社比較

投資信託を購入するならどこの証券会社がいいのか?
ランキング形式で解説いたします!


まず投資信託とはどんなものなのでしょうか?

投資信託(ファンドとも呼ばれています)とは、多くの投資家から集めたお金を一つにまとめ、運用の専門家である投資信託会社が株式や公社債などの金融・証券市場で運用し、その成果を分配金などのインカムゲインや基準価額の値上り益(キャピタルゲイン)として投資家に返す仕組みの証券貯蓄です。

多くの投資家から集められた投資資金は、一つの投資信託で数十億円から大きなものでは数兆円にもなります。

この様に大きな資金で運用する為、個人ではむずかしい様々な分散投資が可能となります。

 
投資信託には次のようなメリットが期待されます。

共同投資によるスケール・メリットまとまった資金にすることで個人では投資できない短期金融商品やデリバティブ(金融派生商品)などの高額な投資対象にも大口投資が可能になると共に、複数の多様な資産に分散投資が可能になります。

分散投資によるリスク軽減
分散投資にはリスクを軽減させる効果が見込めます。分散投資には、商品分散、業種分散、銘柄分散、国際分散、通貨分散などさまざまな方法があります。

専門家による運用・管理資産の運用・管理を専門家に託すことにより、個人では容易にできない幅広い情報収集と分析が活用できます。


それではあらためまして

投資信託を購入するならどこの証券会社がいいのか?
ランキング形式で解説いたします!


第1位
SBI証券

取扱本数は1132本、ノーロードファンドだけでも309本という充実ぶり!
文句なしの1位ではないでしょうか!?
本数以外にも、初心者向けの企画や分配の速報情報もあったりと、購入者が投資信託を検討しやすい工夫が随所にみられます!
また、分配カレンダーや分配余裕度などを考えたランキングなどが見易いです!
投資信託をタイプ別で検索できたりする機能も充実しています


第2位
楽天証券

取扱本数は1106本、ノーロードは307本とSBI証券と僅差になっています!
たとえば最近注目のインドネシアのファンドの取扱は7本という充実ぶりです!


第3位
カブドットコム証券

取扱本数は276本と少なめですが、ノーロードは約半数の140本!
投信の基準価額のチャートはとてもわかりやすいので是非一度見てみて下さい!

  • ネット証券No.1 300万口座突破! SBI証券 口座開設 ←こちらからの口座開設は仲介業者Fan経由となります。