失業率(完全失業率)


■失業率(完全失業率)
 

 就業できるが就業できない(していない)人口の割合。
 総務省では毎月、全国4万世帯、15歳以上の国
民10万人を対象に、「労働力調査」を実施してい
ます。その際、完全失業者の全労働人口に占める
割合を「完全失業率」として発表します。


 完全失業者の定義は、?就業が可能であり、こ
れを希望し、かつ探している者、?仕事があれば
すぐ就ける状態で、過去に行なった就職活動の結
果を待っている者  の2点です。


 日本では、終身雇用や年功序列など日本独自の
雇用慣行があったため、これまで他の先進国と比
べ、完全失業率は低く抑えられてきました。
 しかし、バブル崩壊後は、企業のリストラや倒
産の発生などで、徐々に数値が上昇。98年には戦
後初めて4%台に到達し、さらに2000年2
月・3月には、2力月連続で過去最悪の4・9%
を記録しました。その後もわずかな回復と悪化を
くり返し、2001年6月には、ついに5%を記
録しています。