経済企画庁

■経済企画庁


 景気動向指数低ど経済データの調査・発表や政策立案
 を担っていたが、省庁再編で内閣府に統合された。


 経済企画庁は、総理府(当時)直属の官庁(外
局といいます)   で、日本経済の実態を調査し、経
済政策を立案する役割を担ってきました。2o 0
1年ェ月の省庁再編にょり、内閣府へと統合され
ています。


 従来の経済企画庁のおもな役割は、景気動向指
数のほか、GDPや物価、外国為替などの調査・
統計をしたり、消費者問題・産業動向などの調査
をすること。景気動向指数などをもとに、好景気
がいつ始まり、いつ終わったのかなども判断する
こと。また、毎年8月に広範囲の資料をもとに前
年I年間の国民経済全般を分析した年次報告書
「経済白書」を発表することなどです。
 これらの経済企画庁の機能はすべて、現在は内
閣府に引き継がれています。