公共投資


■公共投資

 道路や公園などの国民みんなが利用する施設をつくる
 ことをいう。

 経済活動は、モノをつくる人とそれを買う人と
で成り立っています。ただし、つくる側がいくら
たくさんモノをつくっても、買う人がいなければ
なんの意味もありません。まず買う人(需要)が
いなければ経済活動は始まらない、といぅのがマ
クロ経済学の考え方です。

 では、景気が悪くて買う人がいなくなったらど
うするのでしょうか?

 実は、景気が悪いときに買い手の役割を担うの
が政府です(地方自治体も含む。政府が多額の
資金を使って、道路や橋、公園、住宅など、国民
みんなが利用する施設づくりを民間企業に依頼す
るのです。これを公共投資といいます。