国税・地方税

国税・地方税

 

最も一般的な考え方は、納税義務者
(税務署に払いに行くべき人)と課税対象者(税
金を課せられているムが一致するのが直接税、
一致しないものが間接税であるというものです。
たとえば所得税の場合、所得を得ている人が納税
義務者であり課税対象者ですから直接税。消費税
の場合は、消費をした人が課税対象者、モノを売
った人が納税義務者ですから間接税といえます。
 代表的な直接税には、所得税、法人税、相続税、
事業税などがあります。納税者の収人にあわせて
税金が課されるのが特徴です。そのため、直接税
の税収は景気がいいときには多く、悪いときには
少なくなります。間接税には消費税、酒税、たば
こ税、関税などがあります。税収が景気にさほど
左右されず、安定しているのが特徴です。