■直接税・間接税

直接税・間接税

 

 個人の年間所得にかかる国税。給与所得税を意味する
 ことが多い。
 直接税の代表例が所得税です。所得とは年間の
給与、預金などの利子や株券の配当金、事業で得
た儲けなどの総称です。この所得にかかる国税が
所得税です。
 所得税のうち、給与、預金などの利子や株券の
配当金などにかかるものを「源泉所得税」、事業
の儲け事業所得)などにかかるものを「申告所
得税」といいます。また、個人が支払う所得税を
「個人所得税」、企業が支払う所得税を「法人税」
と区別することもあります。