独立行政法人制度

■独立行政法人制度

 効率的な行政サービス在提供するため、各省庁の執行
 部門を切り離して法人格在持たせる制度。

行政改革の切り札として期待されている制度で
す。簡単にいえば、今まで非効率で「お役所仕事」
などと椰楡されてきた行政機関に、民間企業のよ
うな経営ノウハウを導人し、行政機関の仕事の効
率アップを図ろうというものです。

具体的には、トップを民間から公募する、
業績を給与に反映させる、企業会計制度を採用する......など
です。もともとは、サッチャー首相時代のイギリスで
制度化されたもので、行政改革に貢献しました。
 日本では200ェ年4月から国立公文書館など
90 機関が独立行政法人に移行することが決まりま
した。また、国立病院などの4機関も、2004
年度までに移行する予定で、東大、京大など国立
大学の移行も検討されています。