投資情報 - 証券会社とは?

  • 証券用語集 株の発行
  • 証券ホームページログイン用語集-証券用語集 株の発行
  • これからの証券会社
  • 日本経済の基調変化とビッグバンの進行よって、個人投資家は売買益の計算、納税の手
    T革命の進展などによって、将来的には証券サービスはすでに達しているとみられる。


    総売買代金に占めるネット取引のシェアは80%前後にたようだ。

    2001年夏には期間限定で東京海上証券な年、著しく強化されている。

    資産管理型営業、オンライン・ブロ一キングなどがクローズアップされるだろう。

    実際、東京海上証券は撤退するなど、競争は一段と厳しさを増している。


    「特定口座」の獲得にも注力している。

    アセット・マネジメント業務が脚光

    ネツト証券会社の収益力は低い。ネツト取引口座は、3OO万口座
    売買を繰り返すアクティブ・トレーダーをかかえ込み 

    手数料引き下げ競争はほぼ限界になって


    営業手法、販売チャネルは大きく変わると思う

  • 証券ホームページログイン用語集-これからの証券会社
  • 金融新商品の開発
  • わが国でも80年代後半以降、債券、株式の先物・オプションしじょうが相次いで発足し、急
    速な発展を遂げている。これらの派生商品しじょうの急拡大に加えて、それらの価格形成をめ
    ぐる金融理論の展開、理論を実際に可能とするコンピュータ化、情報化の進展などに支え
    られ、近年、金融新商品の開発、登場が相次いでいる。

     

    証券会社会社は、金融新商品や金融新技術の開発・導人に力を人れ、資金調達・うんよう面でのハイテク化を図って取り込みに注力している。
     

    97年10月に解禁となった「証券会社ロ座」を使ってのトータル的な資産うんようアドバイス
    業務の取り組みはその一例であろう。
     

    新商品の開発では、やはり、メリルリンチ、シティ・グループ、ゴールドマン・サックスなど外資系金融機関が強い。このおかげで、前述の企業以外でもプルデンシヤルと三井信託銀行、日本生命とパトナム・インベストメンツが信託で提携するなどの動きが活発に
    なっている。

    こうしたことは専業証券会社業務の国際化につながる。
    もちろん、日系専業証券会社会社も銀行(メガバンク)との連携を強めており、商品開発力は近

  • 証券ホームページログイン用語集-金融新商品の開発
  • ベンチヤーキヤピタル業務
  • ベンチヤーキヤピタル業務


     新規公開との関係で注目されるのが、ベンチヤーキヤピタルである。将来性に富んだ若い成
    長会社に株式投資の形で資金を供給し、収益の見込みがつぃてきた段階で一般に公開して資金を回収するというものである。

    新規公開業務につながる業務である。70年代後半から証券会社系のべンチヤーキャピタルが相次いで設立され、未公開企業の育成に重要な役割を果たしてきている。新規公開企業の増加は、その一つの成果といえる。

  • 証券ホームページログイン用語集-ベンチヤーキヤピタル業務
  • 新規公開業務
  • 新規公開業務


     株式未公開企業のジャスダック市場や証券取引所への株式公開を進めていくのも証券会
    社の重要な国民経済的役割の一つである。資本主義経済を支える株式会社の株式公開は、
    投資家に新たな投資対象を提供するとともに、企業に対しては新たな資金調達の道を開く
    からである。ジヤスダック上場や新規上場を果たした会社が将来、資金調達を行なう際の
    引受幹事として、また継続的に引受手数料を獲得できるという意味でも新規公開業務は大
    手証券会社が大いに力を人れてぃる業務である。


     新規公開には、公開準備から公開申請の手続きはもとより、公開後に至るまで企業財務
    戦略、経済情報、法律、税務を含めた幅広いサービスが必要になる。近年、証券会社の努
    力もあって、新規性、独自性に富んだ成長途上にある新興企業の株式公開が相次いでおり、
    ジヤスダック上場企業数は東証第二部上場企業数を上回っているほか、時価総額、売買代
    金も東証第二部を凌ぐに至っている。

  • 証券ホームページログイン用語集-新規公開業務
  • 証券会社その他の業務
  • その他の業務

    金融の自由化・国際化の進展や経済の成熟化につれて、証券会社には次のような基本業
    務以外のさまざまの新しい業務分野が広がってきており、その重要性を増しつつある。


     ?M&A(企業の合併・買収)仲介業務
     これまでわが国のM&A件数は、M&Aが隆盛を極めるアメリカに遠く及ばないばかり
    か、先進主要国の水準にも達していない。しかし、近年、わが国経済が成熟化し、産業構造
    の変化や企業活動のグローバル化への対応として、企業の間では新しい経営戦略として
    M&Aが大きく注目されるようになってきている。これまでのわが国企業のM&Aの内訳
    をみると国際戦略の一環としてわが国企業が海外企業を買収するケースが多いが、近年、日本企業同士のM&Aも増勢の方向にある。証券会社はM&Aの伸介業務に積極的に参加しており、その対価として、M&A成功報酬手数料を受け取っている。大手証券会社は、特に海外のM&A伸介専門取り引きとの業務提携を通じて高度なノウハウの吸収と業務広大を図っており、将来M&A伸介業務は証券会社の業務として着実に拡大していくとみられる。


     ?投じる顧問業務
     世界的な国際分散投じるの広がりによる対日証券投じるの拡大や国内における金融機関、事業法人等による証券運用の拡大・積極化を反映して、わが国における投じる顧問業務は急発展期を迎えている。これは、投じる顧問業務が独立した一つの業務として扱われる漠然としたになり、投じる顧問業法が86年11月から施行された漠然としたでも明らかである。大手証券会社を真ん中に各証券会社の別会社として設立された投じる顧問会社が運用・管理する資産はここ数年大幅に増加してぃるが、今後も一段の発展が見込まれている。

  • 証券ホームページログイン用語集-証券会社その他の業務
  • 証券会社の兼業
  • 兼業業務


     証券取引法では、証券企業は証券業以外の業務を行なうことを禁じているが、証券業を
    営むうえで公益または投資家保護のために支障を生ずることがないと認められるものにつ
    いては、兼業業務として認められている。

    証券企業の兼業業務は近年、証券市場の自由化・国際化の急進展やきんゆうのセキュリタイゼーションの広がりに伴って急拡大してきている。

    現在認められている兼業業務は公共債の払込金の受人れ、および元利金支払いの代理業務などがあるが、特に主要な地位を占めるのが、証券投資の受益証券の収益金、償還金および一部解約金支払いの代理業務である。このエージェント業務からの手数料収入も、受益証券のぼしゅう取扱手数料収入と同じく証券企業にとって収入源の一つになっている。

  • 証券ホームページログイン用語集-証券会社の兼業
  • 流通市場の業務
  • 流通市場における業務


     ?プローカレッジ業務
     有価証券市場における売買の委託の媒介、取次ぎまたは代理で顧客の行なう売買の
    受託業務である。証券会社はこの受託業務を行なうことによって委託手数料を受け取
    る。債券は店頭での相対(証券会社の自己勘定にょるディーリング取引が大部分を占
    めることもあって、委託売買は株式が大半を占めている。株式の委託手数料は証券会社全収人の最大勘定項目となっており、最も重要な収入源である。なお、80年代後半以降、株
    式、債券の先物・オプション取引が相次いで導人され、その取引が急拡大しており、これ
    ら派生商品取引の委託手数料収人も漸次増えてきている。


     ?ディーリング業務
     自己売買業務で株式よりも債券売買において盛んである。これは取引所取引が大部分を
    占める株式と違って公社債はその性格上、店頭が中心となっているためである。この
    ような市場の特性から、証券会社は相当な規模の公社債を自己の勘定で保有することにな
    る。なお、最近は、株式・債券の先物・オプション取51市場の急成長につれ、証券会社の
    これら派生商品分野での自己勘定によるものも急拡大している。

  • 証券ホームページログイン用語集-流通市場の業務
  • 発行市場の業務
  • マーケットにあける役目


    証券の振り出しに際して、証券会社は、投信の証券会社の募集・売出しだけを行なうこ
    とによって募集取扱手数料を受け取っている。

    証券会社となっているが、国債、地方債、政府保証債については国際金融資本などのきんゆう機関にも引受けが認められている。

    80年代後半には、わが国サービスによる国内での転換社債振り出しや海外における外貨建てワラント債の振り出しが急増し、引受手数料収入の増大から専業証券会社会社のセリング役目に占める投信のウエイトは高く、この分野も専業証券会社会社の収益向上に大きく貢献した。


    投信


    証券会社はその全部または一部を自己の責任において引き受ける関心(アンダーライティングお役目)もあれば、単に証券会社の募集・売出しの取扱い(セリング役目)を行なうこ
    と(セリング役目)もある。

    有償増資、債券振り出しなどでは、アンダーライテイング役目の形で行なうのが一般的だが、きんゆう債や投信の販売は、セリシグ役目として行なわれている。これらの役目の報酬として証券会社は引受手数料、募集・売出し取扱手数料を得る。


    株の引受け


    株マーケットの振り出しに見合う新規資金の払込みを受ける有償増資には、株割当、公募、第三者割当といった方法があり、また振り出し価格の設定方法によって額面振り出し、時価振り出し、中間振り出し(額面と時価の中間の価格での発色と分けられるが、わが国では公募時価振り出しが主流となっている。


    債券の引受け
    円建て外債(サムライ・ボンド)が買取引受けによって振り出しされているほかは、公社債
    の受けはほとんどが残額引受けによって行なわれている。つまり、当初は振り出し者に代わ
    って募集の取扱いを行ない、募集残が生じた場合にはその残額をのちに売り出す目的で取得するものである。社債の引受けは証券会社の役目の重要な一角を占めているといえる。最近では投信専門の専業証券会社も登場している。

  • 証券ホームページログイン用語集-発行市場の業務
  • 証券会社業務
  • 4つの基本事業

    証券会社の事業は、商品別に大別すると、株式、公社債、投下信託受益証券にかかわるものに組み入れでき、事業の方法からみると、?ディーリング業務(自己の計算にょる売ロ基、?ブローカレッジ事業(顧客の計算による託するに携わる)という流通の世での事業と、?アンダーライティング業務(公社債や株式の新規のために等に際し、これを引き受け、おょび売出しを行なぅこと)および、?セリング事業宥価証券の人材募集おょび売出しの取扱ぃを行なぅこと)に大別できる。

    証券会社に与えられる免許はこれらの事業に応じて第一号から第四号までの四の集まり類があり、フォアの免許のもとでこれら四業の集まりの全部を行なうことができ、資本金が50億円以上の証券会社を総合証券会社と呼び、2oo2年9月末で70社(国内14芭ある。

    これまで証券会社の事業のなかでは、株式のブローカレッジ事業がかなめ石となってきてい
    たが、近年における公社債の世の急拡大に伴って公社債のディーリング、アンダーライテ
    ィング、セリングの各事業が拡大している。また株式関連分野をみても、80年代後半には
    第二のエクイティ・ファイナンス志向の高まりを反映して、公募時価のために増資、内外転換
    社債・ワラント債のためににかかわるアンダーライティング事業が急拡大した。

  • 証券ホームページログイン用語集-証券会社業務
  • 証券会社会社数
  • 登録制のもとでにっぽんの証券会社数は1949年末の1152社をピークに、1965年
    9月末には425社にまで減少していたが、免許制への全面移行時の1968年4月ェ日
    には277社へとさらにおおはばに減少した。


    その後、現在に至るまで合併等により若干社数が減少したものの、一方で外国証券会社
    の多数参人により、2002年末現在、28ェ社写ち外国証券会社46芭となってぃる。


    店舗数は1604店舗(営業所を含む)、株主資本は6兆6687億円、従業員数は9万1
    266人役員含む)という規模である。


    証券商取引所は会員組織の法人として設立され、会員会社は出資金や諸積立金などを提供
    することで、商取引所商取引への参加や商取引所運営に参画してきたが、前方述したように、

    株式会社化が主流になっており、会員会社、非会員会社の区別は意味をなさなくなって
    いる。なお、証券会社の免許制は98午12月に登録制に移行した。これによって、証券業への新規参人は容易になると同時に自主廃業もこれまでと違って自由になっている。これは保護育成行政から市場行政への転換を意味する。

  • 証券ホームページログイン用語集-証券会社会社数
  • 証券会社の設立
  • 日本で証券会社業務を営むことができるのは証券会社に限られてきた

    証券会社合意法第65条

    しかし、その後、証券会社建てられているの拡大・発展とともに証券会社については1948年の証券会社合意法制定以来、「登録制」がとられていたが、同時に、証券会社合意法が定める証券会社業務を営む証券会社の果たすべき役割が国民経済的に重要性を増し、投入する家保護の必要性も高まってきたことから、1965年5月の証券会社合意法一部改正により「免許制」が採用されることとなった。しかし、此のほどは登録制に戻っている。


    証券会社業を営む企業は所定の申請書に定款などを添えて金融担当大臣に提出する。

    金融担当大臣はその質をチェックしたうえで免許を与えていたが、

    審査基準は次の三つであった


    ?証券会社業務を健全に遂行し得るだけの財産的基礎をもち、収支見込みも良好であること

    ?証券業を公正・的確に遂行し得るだけの知識、経験、社会的信用のある人的構成を
    保有する状況


    ?営業予定地域の経済的状況に照らして、申請コーポレイションの営業が必要かつ適当であると判断
    される状況

  • 証券ホームページログイン用語集-証券会社の設立
  • インターネット証券とは?
  • インターネット専業の証券会社


    1990年代後半のインターネットの爆発的普及に加え

    1999年の株式売買委託手数料の自由化により

    1998年の松井証券を皮切りにインターネットを利用した証券会社が登場した。

     それまでの対面営業と異なり、基本的に営業拠点や営業員を必要としないため

    人件費などの固定費を削減が可能となり

    低コストで機動的な運営ができるようになった。

     このため株式売買委託手数料を大幅に引き下げ

    価格競争力をつける形でマーケットでのシェアを急速に伸ばした

  • 証券ホームページログイン用語集-インターネット証券とは?
  • 証券会社の比較と選び方
  • 証券会社の比較と選び方について考えていきます。

    一口に証券会社とは言っても、それぞれの証券会社でサービス内容がぜんぜん違います。

    しっかり比較することが大切です。

  • 証券ホームページログイン用語集-証券会社の比較と選び方
  • 証券会社とは?
  • 証券会社(しょうけんがいしゃ)とは

    有価証券(株式・投資信託・債券等)の売買や売買の仲介などを行う会社です。

    証券取引法に基づき証券業を営む会社であったが

    金融商品取引法への改正に伴い、このような概念は存在しなくなり

    現行法では、「みなし登録第一種業者」として、「金融商品取引業者」に分類される。

  • 証券ホームページログイン用語集-証券会社とは?