ベンチヤーキヤピタル業務

ベンチヤーキヤピタル業務


 新規公開との関係で注目されるのが、ベンチヤーキヤピタルである。将来性に富んだ若い成
長会社に株式投資の形で資金を供給し、収益の見込みがつぃてきた段階で一般に公開して資金を回収するというものである。

新規公開業務につながる業務である。70年代後半から証券会社系のべンチヤーキャピタルが相次いで設立され、未公開企業の育成に重要な役割を果たしてきている。新規公開企業の増加は、その一つの成果といえる。