これからの証券会社

日本経済の基調変化とビッグバンの進行よって、個人投資家は売買益の計算、納税の手
T革命の進展などによって、将来的には証券サービスはすでに達しているとみられる。


総売買代金に占めるネット取引のシェアは80%前後にたようだ。

2001年夏には期間限定で東京海上証券な年、著しく強化されている。

資産管理型営業、オンライン・ブロ一キングなどがクローズアップされるだろう。

実際、東京海上証券は撤退するなど、競争は一段と厳しさを増している。


「特定口座」の獲得にも注力している。

アセット・マネジメント業務が脚光

ネツト証券会社の収益力は低い。ネツト取引口座は、3OO万口座
売買を繰り返すアクティブ・トレーダーをかかえ込み 

手数料引き下げ競争はほぼ限界になって


営業手法、販売チャネルは大きく変わると思う