証券会社業務

4つの基本事業

証券会社の事業は、商品別に大別すると、株式、公社債、投下信託受益証券にかかわるものに組み入れでき、事業の方法からみると、?ディーリング業務(自己の計算にょる売ロ基、?ブローカレッジ事業(顧客の計算による託するに携わる)という流通の世での事業と、?アンダーライティング業務(公社債や株式の新規のために等に際し、これを引き受け、おょび売出しを行なぅこと)および、?セリング事業宥価証券の人材募集おょび売出しの取扱ぃを行なぅこと)に大別できる。

証券会社に与えられる免許はこれらの事業に応じて第一号から第四号までの四の集まり類があり、フォアの免許のもとでこれら四業の集まりの全部を行なうことができ、資本金が50億円以上の証券会社を総合証券会社と呼び、2oo2年9月末で70社(国内14芭ある。

これまで証券会社の事業のなかでは、株式のブローカレッジ事業がかなめ石となってきてい
たが、近年における公社債の世の急拡大に伴って公社債のディーリング、アンダーライテ
ィング、セリングの各事業が拡大している。また株式関連分野をみても、80年代後半には
第二のエクイティ・ファイナンス志向の高まりを反映して、公募時価のために増資、内外転換
社債・ワラント債のためににかかわるアンダーライティング事業が急拡大した。