新規公開業務

新規公開業務


 株式未公開企業のジャスダック市場や証券取引所への株式公開を進めていくのも証券会
社の重要な国民経済的役割の一つである。資本主義経済を支える株式会社の株式公開は、
投資家に新たな投資対象を提供するとともに、企業に対しては新たな資金調達の道を開く
からである。ジヤスダック上場や新規上場を果たした会社が将来、資金調達を行なう際の
引受幹事として、また継続的に引受手数料を獲得できるという意味でも新規公開業務は大
手証券会社が大いに力を人れてぃる業務である。


 新規公開には、公開準備から公開申請の手続きはもとより、公開後に至るまで企業財務
戦略、経済情報、法律、税務を含めた幅広いサービスが必要になる。近年、証券会社の努
力もあって、新規性、独自性に富んだ成長途上にある新興企業の株式公開が相次いでおり、
ジヤスダック上場企業数は東証第二部上場企業数を上回っているほか、時価総額、売買代
金も東証第二部を凌ぐに至っている。