野村証券

野村證券【野村ネット&コール】

野村ジョイは2011年10月3日、「野村ネット&コール」 として新たにスタートいたしました。 
「野村ネット&コール」は野村證券のインターネット証券サービスです。
業界最大手の野村證券が、満を持してオンラインサービス参入しました。
野村證券ですから、安心・安全・低価格なサービスが魅力です!
また、野村證券の魅力はなんといってもIPOの主幹事証券としてIPOの割り当てが多くあります。
「野村ネット&コール」は野村證券ならではの充実したサービスや低額な取引手数料など、今後の動向に注目したい証券会社です。

ここでは野村證券のネット証券サービスについて解説していきます。

まず始めに野村證券のネット証券サービスは
3つのメリットを備えたネット証券です。

『野村證券の信頼性、充実した一流の投資情報サービス』
『初心者や小額投資家に嬉しい単元未満株取引が可能』
『詳細な分析が手軽にできる、無料投資支援ツールが豊富』


【野村證券のネット証券サービスの特徴】

■野村ジョイでは、単元未満株(まめ株)の売買が可能! 

野村ジョイの大きな特徴として、単元未満株(まめ株)の売買ができることが挙げられます。
株には「単元」という取引単位が設けられており、例えば、トヨタ自動車の株式であれば、100株単位ずつでしか購入ができません。
しかし、野村ジョイでは、この単元株未満の数で株の売買ができるようになっています。
ですので、株式投資初心者や投資資金が少ない方には特にお勧めです。

■野村ジョイのアナリスト予測 

野村ジョイでは、口座開設者を対象に、複数のアナリストによる企業分析、格付けや将来の財務予測など、取引に役立つレポートが無料で公開されています。野村ジョイのアナリスト予測を使えば、複数のアナリスト分析をまとめた情報が見れますので、短時間で要点をつかむことができ、一度に有力な情報収集ができます。その他、企業の決算発表や業績予想ニュース、決算発表前後になると、特に多い業績修正の情報なども、日々更新しています。 

■野村ジョイのリアルタイム自動更新株価ボード 

自動更新株価ボードとは、株価を自動で更新してくれるボードのことです。株価は常に動くものですから、自分が欲しい銘柄や持っている銘柄の"今その瞬間"の株価を見るには、自分で手動で株価ボードを更新するか、それとも、自動株価更新機能が付いた株価ボードを利用するかのどちらかしかありません。自動更新株価ボードは有料サービスか、もしくは条件付無料サービスとなっていて、完全無料で使えるところはほとんどありません。しかし、この野村ジョイでは口座開設をするだけで、リアルタイム株価ボードを無料で利用することができます。


【野村證券について】

■野村證券の会社概要
野村證券は、野村グループの中核会社で、日本最大の証券会社です。

■野村證券の歴史
野村證券は1925年12月に大阪野村銀行の証券部から分離して「野村證券」が設立されたのが始まり。
そして約76年後の2001年10月に持株会社化への移行に伴い、野村ホールディングスと野村證券に機能が分割。
野村證券は、日本を代表する大手証券会社として、資本市場を通じて、個人や法人(機関投資家、企業等)に対して、資産運用や資金調達などの多様な商品・サービスを提供しています。

■個人に対しての野村證券のサービス
ライフスタイルやリスク許容度、資金性格などを把握し、顧客ニーズにあった商品やポートフォリオを提案し、長期にわたって資産形成のためのサービスを提供。

■機関投資家や企業に対しての野村證券のサービス
野村證券の有する高度なリサーチ能力や問題解決能力を活用し、機関投資家に対しては資産運用のための各種サービス、また企業に対しては引受業務を通じた資金調達やM&A業務などを通じた企業価値向上のための支援などを行なっている。

■野村證券のホームトレード
野村證券のホームトレードは、資産管理画面がとても使いやすくなっています。大手銀行などの金融機関の口座情報を一括管理できます。
自分の口座情報が把握できれば、いくら株式投資にまわしても良いのか分かりますので、大変便利な機能です。
また、野村證券では、下記のような携帯メールサービスも利用できます。

■野村證券ホームトレードでIPO(新規公開株)抽選! 

野村證券にはとても強い分野があります。それがIPOです。
IPOに絡んでいる証券会社には、主幹事、副幹事などが付けられていて、それぞれの証券会社に割り当てられる新規公開株式の量に差が設けられているのです。主幹事になっている証券会社には、新規公開株式が多く割り当てられるので、主幹事になっている証券会社を利用している人は、他の証券会社に比べて新規公開株の抽選に当たる可能性が高くなるのです。
野村證券は、この新規公開株の主幹事になっている事が多いです。ですから、新規公開株を買ってどかんと設けたい方は、野村證券のホームトレード口座を持っておくと良いかもしれません。

■野村證券の充実した投資情報 

野村證券のホームトレードでは、"日経テレコン21(野村版)""企業情報最前線""Nomura21"など、充実した投資情報を閲覧することができます。内容が限定されているとは言え、無料で日経テレコンのン内容が見れるのはかなり魅力的です。
企業情報最前線は、自分が指定した企業に関する情報を集め、一覧で表示するサービスです。 

■野村證券では入金・出金手数料が無料! 

野村證券では、下記の金融機関ATMからの入金・出金がが手数料無料で行えるようになっています。
さらに、完全無料というわけにはいきませんが、セブンイレブンやローソンなど、各種コンビニのATMからも入金・出金ができるようなっていて、大変便利です。24時間・365日いつでもリアルタイムに入金が可能ですので、"入金に時間をとられてしまい、チャンスを逃す"という危険がありません。

シティバンク銀行
みずほ銀行
三菱東京UFJ銀行
三井住友銀行
ゆうちょ銀行 

  • ネット証券No.1 300万口座突破! SBI証券 口座開設 ←こちらからの口座開設は仲介業者Fan経由となります。